敏感肌のための基礎化粧品選びのポイント

subpage01

敏感肌の人は普通肌の人に比べて、化粧品を選ぶ際にいろいろな点に注意する必要があります。


さまざまな化粧品が販売されていますが、低刺激に見えてそうではない商品もたくさんあります。
商品に低刺激、しっとりタイプなどの表記があっても肌に優しいとは限りません。
成分表を良くチェックしたうえで敏感肌の人でも安心して使える化粧品を選ぶことが大切です。
意外と見落としてしまいがちなのが、クレンジング剤や洗顔料選びです。
間違ったものを選ぶと肌に必要な潤い成分まで洗い流してしまい、症状が進行してしまいます。敏感肌の人は洗浄力の強いオイルクレンジングは避ける必要があります。刺激が少ないジェルタイプやミルクタイプのクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

おすすめの敏感肌スキンケア関連情報サイトです。

通常は、クレンジングの後は洗顔料で洗顔しますが、敏感肌の人にはダブル洗顔はおすすめできません。ダブル洗顔不要のクレンジング剤を選ぶか、石鹸だけで落とすことができるファンデーションを選んで肌への負担を減らすようにしましょう。



洗顔後は保湿成分が配合された化粧品でしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。

敏感な肌を改善するために有効なのがセラミドという成分です。セラミドは肌のバリア機能をアップさせる効果があるので、積極的に取り入れたい成分です。

セラミドの中でもヒト型セラミドと呼ばれるものが特に保湿力が高く、低刺激なのでおすすめです。



また、肌への刺激となる合成化学成分が配合されたものは避けるようにしましょう。

正しい化粧品でケアすることで敏感肌を改善することができます。

症状が改善されないことに悩んでいる人は、今使っているスキンケアアイテムを見直してみましょう。