敏感肌の化粧品について

subpage01

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすくなっている状態の肌をいいます。体質的なものもありますし、ストレスや生活習慣、加齢などによっても起こります。



敏感肌ほど肌のケアは重要なことになりますが、化粧品などでの刺激で余計に肌が荒れてしまうことがありますので、気を付けなければいけません。
肌表面を保護し、外部からの刺激を防御する必要がありますが、塗るものの成分によって更に肌を傷めることになっては本末転倒です。
敏感肌には、なるべく配合成分がシンプルなもの、必要なもののみが配合されているものが適しています。

肌の水分のうち半分はセラミドです。
ですから、セラミドが多く配合されている基礎化粧品を選ぶことが必要です。
更に、肌バリア機能を保つコラーゲンやヒアルロン酸が配合されていることで、健康的な肌に向かっていくことができます。


部位によって乾燥がひどい部分などにはワセリンなどを塗ることで保湿が保たれます。


香料などの添加物は肌に刺激が強いので避けた方がベストです。



そういった化粧品選びを慎重にすることに加え、生活習慣の見直しもしていくことが大切です。

敏感肌のスキンケアの選び方が気になる方に必見の情報です。

バランスの良い食生活を心がけ、睡眠をきちんととることでホルモンバランスが整って肌の再生活が促進されます。


また、適度な運動をすることで体内循環が良くなり、肌のターンオーバーが正常に機能することで肌の水分量があがります。こういった普段の生活でちょっとした心がけをすることで、敏感肌は改善していきます。